不用品と不要品の違い

不用品回収には、家電リサイクル法、小型家電リサイクル法など法律が大きく関わってきます。
産業廃棄物は、学校や病院、飲食店や工場などの事業から出た20種類のゴミの種類の事を指します。事業の利益を目的としたゴミは産業廃棄物として処理方法が変わります。
一般廃棄物は事業系・家庭系・特別管理一般廃棄物に分かれます。
この分類は大切なのでしっかりと覚えておくようにしましょう。
事業系では、事業活動に出たゴミの事を指していますが、産業廃棄物以外のゴミになります。
家庭系では、家庭で出た日常生活の一般ゴミの事を指します。
特別管理一般廃棄物では、一般廃棄物のゴミの中で、危険性のあるゴミで適切な処理方法が必要のあるゴミを指します。
一般廃棄物の事業系や家庭系では、回収や処理方法が変わります。
一般廃棄物の家庭系では、お住まいの市町村が回収するのが原則ですが、事業系では、ゴミを出した事業者が処理をする方法が原則になっています。
また許可にも種類があります。家庭系・事業系の一般廃棄物の許可には、一般廃棄物収集運搬業許可が必要です。
不用品回収を始めたいと思っている方や、回収してほしいと思っている方にも、基本知識があるだけで、適切な処理方法を理解する必要があるのではないでしょうか。
不明点があればなるべく事前のリサーチに時間をかけるようにしましょう。ホームページを使った情報収集も効果的です。
それでも情報が不足していると感じた時は業者に直接問い合わせてみても良いかもしれません。

不用品回収業者について

不用品と不要品では意味が違います。 不用品は使える事ができるが、使う機会がないなど使わなくなった物の事を言います。そのため、壊れていない為ジャンク品ではありません。 不要品は、使う事ができなくなった、壊れたもの事を指しています。そのため、ジャンク品です。

不用品を買い取ってもらうには

不要品は、回収して処分してもらうだけでなく、買取してもらう事もできます。 冷蔵庫や、パソコン、テレビなどの家電製品や衣類などは、回収してもらうよりかは、フリマで高く売ったり、リサイクルショップなどの買取業者に買取してもらう事で収入を得る事ができます。

不用品を処分してもらうには

不用品を自治体や不用品回収業者に処分してもらう方法などがあります。 電話やインターネットで予約をして、回収業者に料金を支払って処分できます。 自治体によって処分できる品や、処分できない品があるため、自治体に確認しておく事をおススメします。 また自治体に持ち込む事で料金を安くできる事もあります。