不用品回収業者が回収できるものとできないものとは?

不用品回収業者が回収できるもの

不用品回収業者が回収できるものは、だいたいは回収してくれるといいます。
法律で対象となっているもの、たとえば冷凍庫・洗濯機や乾燥機の大型家電はリサイクル料が必要になりますが、回収してもらえます。
処分したいものが対象かどうかをしっかり確認しましょう。
しかし、回収を担当する業者は専用の資格をもっていなければこうした作業に携わることはできません。
小型家電リサイクル法の対象品目の、電話機・携帯電話・ノートパソコン・デジタルカメラなど対象品目は多様にあります。
小型家電は資源の再利用ができるため、産業廃棄物として、収集・運搬・処理する場合には産業廃棄物許可業者・小型家電リサイクル法認定事業者または委託業者のいずれかに委託しなければいけません。

不用品回収業者が回収できないもの

不用品回収業者で回収できないものは、食品類などの一般のゴミはです。
通常なら、一般ゴミは、住んでいる地域の自治体が決めた日に回収してくれます。
そのため、賞味期限が切れていなくても不用品回収業者では回収はできません。
回収できないものの中には、当たり前ですが、生き物・死骸に限らず、ペットなどの動物も回収できません。
引っ越し先で飼う事ができないからと、回収してもらおうとせず、ペットや動物には責任をもって対応しましょう。回収してもらえないからと捨てるなどの行為もやめましょう。
また有害物になりそうな液体などの回収もできません。
例えば、ガスボンベ・ガソリン・注射などは、特別な回収・処理方法が必要になるため回収できません。